ヤマセミとヤマセミの棲む渓谷の四季をお届けしています(現在、本格的な撮影活動は休止中です)。

一昨日のkumaさんのリクエストにお応えして・・・コサギです。
と、画を探していると、最近撮っていないことに気付きました(^_^;)
MF(マイフィールド:普段鳥見をしている地元の意)の里川には主に、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、ゴイサギが居ます。数は圧倒的にコサギが多く、チュウサギ、ゴイサギは稀です。田植え時期の田んぼにはアマサギが訪れます。少し下流では夏にササゴイに出会えます。
写真のコサギは普段は眼先と虹彩は淡黄色ですが、繁殖期には眼先がご覧の通りの鮮やかなピンク色、虹彩は青緑色に変化します。これを婚姻色といいます。
後頭の二本の長い羽は冠羽といい、背中の細いフワフワの羽を飾り羽といい、どちらも夏の間だけ生えている羽で「夏羽」といいます。
白いサギ達の撮影は白トビしない様に露出をマイナス目に補正するのがポイントです。

クリックすると大きくなります♪

コサギ(小鷺) コウノトリ目コサギ科 Little Egret L61cm
DSCN2002-T.jpg
NIKON ED82 + COOLPIX E7900 ISO-50 F2.8 SS1/4.2秒 分割測光 EV-0.7 WBオート 1024×768pixcel


ブログランキングにチェレンジしています。
↓写真がマァマァかな!と思ったら一日一回応援がてらプチプチッと両方クリック頂けましたら幸いですm(__)m↓
b_01.gif

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真




おぉ~これまた子詐欺!でたりんこ

ニコンも捨てたモンじゃないな。
白と黒は写真表現で一番難しいものであります。
ですがこれは黒っぽい白や白っぽい黒と作品によって撮り方も変わって
きます。

こちらの写真は順光での撮影ですが
逆光ぎみのシルエットに顔の部分にだけストロボを当てるなど
意図的に強調しても面白いと思います。

望遠レンズで撮影が多い場合はなかなか難しいとは思いますが。。。
ワイドレンズの良さもありますので近接ストロボ撮影も挑戦してください。

餌まいて!ワナ仕掛けて!火オコシテ・・・・おぉっとやばいやばい。
【2006/09/23 19:05】 URL | kuma #-[ 編集]
kumaさん、一応自然と野鳥をこよなく愛する、「ありのまま」がモットー
のブログなんですけど・・・(-_-;)
場を荒らさないでください(笑)

そうなんです。白と黒、これがダイナミックレンジの狭いコンデジ(コンパ
クトデジカメ)の撮影で最も苦労するところです。

ストロボですか(^_^;)、野鳥カメラマンが聞いたらフツーに気絶しま
す。

これからもご指導よろしくね~。
【2006/09/23 22:58】 URL | かい #B/6VgDws[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 BIRDGRAPHIC, All rights reserved.