ヤマセミとヤマセミの棲む渓谷の四季をお届けしています(現在、本格的な撮影活動は休止中です)。

ツミ 雀鷹 タカ目タカ科 Japanese Sparrowhawk L♂27cm♀30cm
DSC_7690_1_S.jpg
NIKON D700 + MB-D10(EN-EL4a) + AF-S NIKKOR 400mm F2.8G ED VR
400mm 1/80sec F2.8 ISO200 EV-0.7 WBオート 絞り優先AE 640x961pixcel


先日ご紹介したアオバズクの森にはツミも同居しています。
他にもオナガやらムクドリやらもどうやら居を構えているようです。
カラスを追っ払ってくれるツミの存在が彼らを助け、カラスの接近を教えてくれる彼らの存在がツミを助け共存共栄の関係になっているのでしょう。
昼間はギャーギャー、キーキー、夜はホーホーホーと昼夜を問わず現場はかなりの騒々しさです。
アオバズクに引き続きリラックスモードの一枚です(^^)

↓↓↓ブログランキング参加中!応援ありがとうございますm(__)m 一日一回3つともポチっとクリックお願いします(*^^)v
b_01.gifにほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真




↓アオバズクとこのツミ、リラックスモードの猛禽類は、
可愛い目をしているのですねぇ。
かなり近そうですが、羽根一本一本の解像感が凄いです。
羨ましいフィールドですね。
当方も海岸にハヤブサが居る情報があるのですが、
厳しい場所なので二の足を踏んでいます(汗)。
【2009/06/11 09:08】 URL | ishiyan #fNf71aAA[ 編集]
i-274ishiyanさん、引き続きこんばんは!
猛禽の目は独特で魅力的ですね(^^)
アオバズクもツミもヒトの生活空間でうまく共存していると思います。この距離感はそんな生態にも助けられています。でもず~っと陣取っているとそれだけで鳥にストレスを与えてしまいそうなのでサッと見てササッと帰るのを基本としています。
海岸にハヤブサってあの有名なところでしょうか?
社会勉強のため一回は行ってみたい気もします。。。
高波にご注意下さいませ。
【2009/06/11 22:20】 URL | かい #B/6VgDws[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/06/03 23:18】 | #[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 BIRDGRAPHIC, All rights reserved.