ヤマセミとヤマセミの棲む渓谷の四季をお届けしています(現在、本格的な撮影活動は休止中です)。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏休みの自由工作の宿題に?機材の軽量化を実施しました(^^)
軽量化したのは写真の手前に写っている照準器「PIN-POINT マルチパターン」です。
照準器って何?どうやって使うの?については こちら をご参照下さいませ。

直接のきっかけは、デジスコドットコムさんの「こんなの作っちゃいました掲示板」No.1310のスレッドや、たーぼ♪さん冨田さん大矢さんなどの大先輩に影響されブログを参考にしつつ夏休みを利用して実行に移しました。・・・って、そんなに大げさなものではないのですが(^_^;)

この照準器の下半分を占めていた上下左右の微調整ユニットを取り外して軽量化します。
途中の経過、どこを軽量化したのかについては上記の大先輩のブログをご参照下さいませ(^_^;)
↑手抜きですみませんm(__)m

唯一オリジナルで工夫したのは軽量化後の照準器本体と下のユニバーサル雲台(DOS-FSB1 BASE)との固定方法です。今までの方法は、①接着剤にてDOS-FSB1 BASEと直接接着、②メネジ付部品を照準器へ接着後DOS-FSB1 BASEをネジ止め、③上下微調整ネジ用穴に1/4インチのメネジのタップをたててDOS-FSB1 BASEをネジ止め、など様々です。
①・②は特に炎天下や真冬など温度環境が厳しい時にちょと不安です、③はタップを入手する必要があります。

結局取り外した部品(アリ物)を最大限有効利用することとして、軽量化前から使用していた「PIN-POINT専用取付プレート」(1/4インチネジ穴付)にドリルで穴を2個追加して微調整ユニットに使用されていたボルトをこれまた再利用してこのプレートを照準器にボルトオンしました。
あとはDOS-FSB1 BASEをネジ止めして完成です(^^)

軽量化代は-50gです。
先日の雲台変更(GITZO G2380→G2180)で-860g、合計で-910gです。
NIKONのEDⅢが一本1080gなので結構な軽量化代ですね。

P1200660_S.jpg


↓ブログランキングにチェレンジしています。応援がてらプチッとクリック頂けましたら幸いですm(__)m
b_01.gif




















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 BIRDGRAPHIC, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。