ヤマセミとヤマセミの棲む渓谷の四季をお届けしています(現在、本格的な撮影活動は休止中です)。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は東京ドームで野球を見がてら途中の動物園でヤマセミを見ました。
野生以外(飼育下)のヤマセミを見たのは初めてです。
エサの金魚を自力で捕食し、ギャラリーを楽しませていました。
冠羽や嘴、尾羽はだいぶ立派に成長していましたが、野生の若から想定していた大きさよりひと回り小さく感じたのはエサによるものなのか狭い環境によるものなのかは素人の私にはわかりません。
ハヤやアユに較べて動きの遅い金魚を安定的に食べられる環境、そして何よりも野生であれば常に注意を払わなければならない上空の捕食者への警戒が不要である環境、、、下の水槽の金魚さえ見ていれば行き続けられる環境、、、そしてたくさんの人間の目があることが当たり前の環境
これはいつも見ている野生のヤマセミとはずいぶん違うなぁ、と素人ながらに感じました。

瞳の先に故郷の川を思い浮かべることはあるのでしょうか?
川の匂い、アユやハヤ、カジカの味を思い出し、いつか野生に目覚める日はくるのでしょうか?

アイキャッチの光源はひとつが一番、、、

Canon EOS 10D + Canon EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM ISO-800 F5.6 SS1/45 パターン測光 EV+-0.0 WBオート
IMG_0755_S.jpg


↓ブログランキングにチェレンジしています。マァマァかなっ!と思ったら是非クリックをお願いしますm(__)m
b_01.gif



かいさん こんばんは。
うほっ! このアップは! 許されない?領域じゃん!(笑)と思ったら 
例のヤマちゃんでしたか・・・。

多くの人にその存在を知って見てもらうことは意味あることと思います。
ただ 今後この子はどういう生き方になるのか・・・ ピエロ になるのか
大空に羽ばたいてゆくのか・・・

自然のなかで自然の営みゆえ
の落鳥・・・これはごく 自然 と思います。
もっとも 人が関与していない まさに 自然 が成
しうる状況はあまりないような気もしますが・・・
それに人の手が入ってしまったとき 入らざるを得なくなったとき それは
自然でしょうか・・・
少なくとも彼らが見たいものは 人 ではなくて 自然 なのだと思いま
す。

>アイキャッチの光源はひとつが一番、、、

おっしゃるとおりですね・・・大空に羽ばたける日がくることを祈ります。

いろいろ考えさせられるお話でした。



【2006/08/29 02:34】 URL | マグパイロビン #P0vgGwAM[ 編集]
マグパイロビンさん、いつもありがとうございます。
そうですね。
本来であれば自然の中で淘汰されたであろう小さな命のともし火が、第
二の生を受けたのですから、もし自然に帰ることが難しくても、ヤマセミ
のこと、ヤマセミが住む川があること、川と川の生き物を育む山があるこ
と、、、などなどがこのヤマセミを通して多くの方々に考えるきっかけにな
ってくれるといいですね。

決してピエロなんかじゃない!
がんばれ、ヤマちゃん!!
【2006/08/29 22:54】 URL | かい #B/6VgDws[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 BIRDGRAPHIC, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。