ヤマセミとヤマセミの棲む渓谷の四季をお届けしています(現在、本格的な撮影活動は休止中です)。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホシガラス 星鴉 スズメ目カラス科 Nutcracker L35cm
KAI19606_2-s.jpg CANON EOS-1D Mark III + CANON EF600mm F4.0L IS USM + Kenko 1.4X TELEPLUS PRO 300
RAW 1/1250sec F5.6 ISO200 WBオート EV+1.3 640x427pixcel トリミング


タカの渡り観察をしているとワシタカ以外にもいろいろな鳥たちに出会います。
ハリオアマツバメ、アオバト、カラ類の混群、キツツキの仲間・・・そして鳥ではありませんがサシバ、ハチクマと一緒に南へと渡りをする蝶のアサギマダラ等々。
このホシガラスも何度となく現れてはタカ待ちの時間を楽しませてくれました。
ただし、突然近くから飛び出すことが多いので遠方からAIサーボで捕捉し続けられるタカとは異なり勝負は一瞬です。
撮影後モニタを覗いて祈るような気持ちで目の部分を拡大すると・・・偶然にもピンがきていました(^^ゞ
まっすぐ向かってくる飛翔形が撮れたのは初めてです。結構ファニーな顔ですネ(^^)

■いよいよ9/28(日)19:30放映です。
darwin_logo.gif
ワシタカ類飛翔ハンドブック 新訂ワシタカ類飛翔ハンドブック 新訂
(2008/09)
山形 則男

商品詳細を見る
b_01.gifにほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真




こんばんは。
ダーウィン見ましたよー。森のなかをすいすい飛ぶんですねー。貴重な映像をご紹介くださいまして有難うございました(^^)
【2008/09/28 21:09】 URL | kim #-[ 編集]
i-274kimさん、こんばんは!
私も見ました\(◎o◎)/!
貴重な映像の連続であっという間の30分でしたね。
とっても良い勉強になりました。
そしてこれだけのハチクマを養うためにいったいどれくらい蜂の巣が必要なのだろう、そしてそのハチを育むためには・・・などと食物連鎖→地球規模での環境システムの緻密さに感銘を受けました。
また来シーズン彼らの飛翔する機会があればきっともっと大きな声で声援を送ってあげられると思います(^^)

声援で思い出しましたがkimさんのツバメの写真でコメントを頂いたウチのぼんもほんのちょっぴりですが野球の試合に出るようになりました。そして今週末は運動会、声援ばかりで鳥撮りの時間がありませんネ~(^^ゞ
【2008/09/28 21:51】 URL | かい #B/6VgDws[ 編集]
読まさせていただきました。
応援ポチッ!!!
【2008/09/29 00:25】 URL | サトシ #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 BIRDGRAPHIC, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。