ヤマセミとヤマセミの棲む渓谷の四季をお届けしています(現在、本格的な撮影活動は休止中です)。

ハマシギ 浜鷸 チドリ目シギ科 Dunlin L21cm
4K2J7639_T.jpg
CANON EOS-1D Mark Ⅲ + CANON EF600mm F4.0L IS USM + Kenko 1.4X TELEPLUS PRO 300
1/50sec、F5.6、ISO1600、WB曇り、EV+1.0、640x427pixcel


正月休みに少しだけ干潟に行ってきました。
時間が限られていたので少しでも撮影時間を稼ぐために夜明け前に現地到着!
しか~し!道中星が見えなかったので薄々感じてはいたのですが・・・・
が~んっ!思いっきり曇り!曇天!Cloudy!でした(ToT)/
空のグラデーションや三日月をテーマに・・・などとイメージを膨らませていたのですが夢は脆くも崩れ去りました。そればかりか鉛色の分厚い雲の下いつまでたっても明るくなりません。今回ご紹介するのは唯一6時台から元気だったハマシギです。
とても残念な天候でしたがそれでも短い時間にいろいろ撮ることができましたので、例によって海物語の続編として細々とご紹介する予定です。


ドサクサに紛れて何やらほとんど抽象画状態(^_^;)の画も混ざっていますので「鳥の画」というよりもマクロに青・蒼・藍色の世界を単なるイメージ画としてお楽しみ下さい(^_^;) クリックすると一応大きくなります。
ハマシギ 浜鷸 チドリ目シギ科 Dunlin L21cm
4K2J7659_T.jpg
4K2J7645_T.jpg
4K2J7766_T.jpg
4K2J7750_T.jpg
以上全てCANON EOS-1D Mark Ⅲ + CANON EF600mm F4.0L IS USM + Kenko 1.4X TELEPLUS PRO 300、640x427pixcel


↓m(__)mいつも応援ありがとうございます!順位が上がってきました!2008年もクリックをお願いしますm(__)m↓
人気blogランキング
b_01.gifFC2ブログランキング
↑上のふたつのブログランキングに挑戦しています。上の四角をクリックすると10ポイント加算されて順位があがります。
順位を励みにがんばっておりますので写真がマァマァかな!と思ったら是非是非応援がてらクリックをお願いいたしますm(__)m
得点は毎日集計されるので一日一回クリックして頂けると幸いです。


♪野鳥関連のお気に入りの本を並べた小さな本屋さんです♪
BIRDGRAPHIC アマゾン マイ アソシエイト ストア

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真




このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/01/09 15:28】 | #[ 編集]
かいさん、こんばんは!
まるで幾何学模様とでも云いましょうか見た瞬間、何だろうなんて瞬きしてしまいました。
自然を芸術に置き換えてしまうセンス、小生は団扇でもがいています。
今日、昨年5月以来8ヶ月振りでカワセミを中断し、ヤマセミの近況も分からないまま、様子見に行ってみました。
14人ほどの先客に仲間入り。
偶然仲間3人に出逢え、久し振りのカワセミ、ヤマセミ談義に花が咲きました。
K、H、Kさん達でかいさんをご存知でした。
小生の割合お近くにお住まいと伺い一寸ばかりビックリ!
Hさんとのお話しの中で小生の苗字は近くに多いと聞けば思い出されることでしょう。
昨年春頃、F校前のカワセミは彼等と一緒に馬鹿言いながら遊びましたよ。
小生は未だ面識はありませんが是非フィールドでお逢いしたいものですね。
きょうの「ヤマセミ」早速アップしましたので是非、ご訪問下さいませ!
【2008/01/09 22:30】 URL | zinzin914 #-[ 編集]
かいさん こんばんは
しばらくROM&ポチッ専門でしたが
毎日楽しませていただいてます。

”感性”の違いなんだろうなぁ・・・と、しみじみ。

渓谷でヤマちゃんにフラれ、公園で赤い子・青い子にフラれ、
がっかりして帰宅すると近所の麦畑でタゲリさんがお出迎え。。。
単身親父らしいチグハグな撮影を楽しんでおります (^^ゞ

Best 10入りおめでとうございまーす。
【2008/01/09 23:22】 URL | 単身親父 #-[ 編集]
zinzinさん、こんばんは!

いつも有り余るお言葉ありがとうございます。
気心の知れた仲間との語らいはもうひとつの楽しみですよね。
いつかお会いできる日を楽しみにしています(^^)
【2008/01/09 23:38】 URL | かい #B/6VgDws[ 編集]
単身親父さん、こんばんは!

本年もよろしくお願いいたします。
いつも応援ありがとうございますm(__)m
ヤマちゃんはどこもバクチ度満点のようですね。
でも一日スカでも、「別の場所で生き生きと生活している証しだな!」と割り切れるようになるともうりっぱに仙人の領域です(笑)
私はまだその領域には辿りつけていませんが(^^ゞ
木の葉の少ない今の時期は観察のチャンスですが、渓谷には危険がつき物なので今年も無理せず楽しい鳥撮りライフをお過ごし下さいませ。
そうそう、ぼちぼち「野鳥写真掲示板」に復活しましょう!
【2008/01/09 23:48】 URL | かい #B/6VgDws[ 編集]
見るときの体調、精神状態も結構左右すると思いますが、
 正直いって、5枚の写真とも、ゾッとするほど、インパクトがあります。

 以下、なんでそう感じるのか分析して一度書いてみましたが、消しました。。。。m(__)m

 うーん、  生き物  の写真 なんですかね? 

持っている写真集(和田剛一さんや吉野俊幸さんなど)を見直してみます。
同じような写真が確かあって、以前は素通りしたけど、いま見るとまた違うかもしれない。。。。

【2008/01/10 23:07】 URL | ビンズイ #v60nKXEc[ 編集]
ビンズイさん、こんばんは!

お言葉ありがとうございます。
群れる鳥は群れそのものを大きな生き物として見ると、いつもの鳥見とは別の感動がありますよね♪
群れの動きも光の加減も刻一刻と変化して二度と同じ画は撮れません。言い換えると撮る度に新しい発見と感動があるっ!
という訳で(^^ゞこれからも限られた時間の範囲内ですがガンバリマス!
【2008/01/11 21:45】 URL | かい #B/6VgDws[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 BIRDGRAPHIC, All rights reserved.