ヤマセミとヤマセミの棲む渓谷の四季をお届けしています(現在、本格的な撮影活動は休止中です)。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤマセミ 山翡翠 ブッポウソウ目カワセミ科 Crested Kingfisher L38cm
4K2J1018_M.jpg
CANON EOS-1D MarkⅢ + CANON EF600mm F4.0L IS USM
1/160sec、F4.0、ISO1600、WBオート、EV-1.0、絞り優先AE、640x427pixcel


東京地方の日の出時刻をチェックし、その30分前に現地で撮影準備を終え待機していると、運が良い日は日の出時刻±15分にヤマセミがやってきます。
その登場の場面はドラマティックで大変感動的なのですがあまりの暗さに今までは自分の目に焼き付ける以外に術はありませんでした。
高ISO時のノイズ低減技術が進歩したおかげでなんとか1/100秒台で切り取ることが出来るようになったのは大変ありがたいことです。
この画は相変わらずノートリミング、ノーレタッチでRESIZE処理のみ行ったすっぴんの画像です。画像処理で背景のノイズを除去するともう少しスッキリするかもしれませんね。。

さてさて、今日からニューヨークで開催されるPhotoPlusに、“CANON EF800mm F5.6L IS USM”が参考出展されます。
photoplus02.jpg

上の画像はCANONのプレスリリースより引用しました。詳細はこちらを参照下さい。
私の場合は前述の通り一段の絞りが命取り、みたいな偏った使い方をしているのと飛び物のフレームアウトがまだまだ多いので、EF600mm F4.0L IS USMメインで1.4倍テレコンをポケットに忍ばせておき、TPOに応じて使い分ける今にスタイルが効率的と思っていますが、質量は魅力的ですね。。

↓m(__)mポチッとクリックお願いしますm(__)m↓
人気blogランキング
b_01.gifFC2ブログランキング
↑上のふたつのブログランキングに挑戦しています。上の四角をクリックすると順位があがります。
順位を励みにがんばっておりますので写真がマァマァかな!と思ったら是非是非応援がてらクリックをお願いいたしますm(__)m
得点は毎日集計されるので一日一回クリックして頂けると幸いです。


♪野鳥関連のお気に入りの本を並べた小さな本屋さんです♪
BIRDGRAPHIC アマゾン マイ アソシエイト ストア
ヤマセミ ヤマセミ
高橋 力 (1999/10)
平凡社
この商品の詳細を見る



いいですよねぇ・・・登場シーン。
それをきっちり切り取ってみせるかいさんの腕もすごいです。

苦節6ヶ月。ついにお気に入りのポイントにたどり着けたようです。
かいさんから頂いた数々のアドバイスのおかげです。
ありがとうございました。

当日は少々近付きすぎたようで、落ち着かない様子でしたのでひとまず撤収。
姿を隠せる場所を見つけねばなりませんね。

774導入完了しました。シェイクダウンはヤマっちで・・・
妄想はとどまるところを知りません。
【2007/10/24 23:11】 URL | 単身親父 #F0DJvrek[ 編集]
単身親父さん、
こんにちは!

とうとう、ですね!おめでとうございます。
人馴れしていないヤマちゃんはとにかく臆病です。
愛情たっぷりの単身親父さんなら問題ないと思いますが、刺激してお気に入りの場所に寄り付かなくなってしまうことが無い様細心の注意を払ってくださいね。
人の臭いと気配はヒル・蚊→カエル→ヘビ→猛禽と、風が吹けば桶屋が儲かる方式でいろいろ呼び寄せてしまうのでこれも釈迦に説法とは思いますが環境への配慮もお忘れなきよう。

MFでの接近限界はブラインド無で50mくらい、ブラインド有では距離よりも貼る位置の影響が大きいです。
見通しの良い開けた河原にポツンと張ってもヤマちゃんは怖がります。おそらくそのシルエットから案山子(かかし)と同じ様に人間に見えてしまうのではないかと推察しています。
一方、ブラインドの後ろを崖や高い葦にぴったりくっつけて張るとほとんど気にしなくなります。崖や葦原の一部と理解するようです。

近距離でのレンズへの警戒心はカワセミより低いようです。

774おめでとうございます。早いですね!
設備投資の余剰金で焼き鳥屋でも(笑)
【2007/10/25 22:13】 URL | かい #B/6VgDws[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 BIRDGRAPHIC, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。