ヤマセミとヤマセミの棲む渓谷の四季をお届けしています(現在、本格的な撮影活動は休止中です)。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
巷ではバレンタインデーの話題で盛り上がっていますが、鳥の世界ではプレゼントは男性からと決まっています。
昨日は幸運にも今季初の求愛給餌を観察することが出来ました。
求愛給餌は、今後の巣作り、繁殖に向け雄が雌にご馳走を差し出し、雌に受け入れる意思があればご馳走を受け取るという、プロポーズの儀式です。
雄は採りたてのザリガニを咥えて飛んできて雌のすぐ近くにとまって差し出しました。雌もまんざらではないような様子でしたが一向に受け取ろうとしません。
何故なのでしょう???

カワセミ 翡翠 ♂♀ ブッポウソウ目カワセミ科 Common Kingfisher L17cm
DSCN2747_S.jpg
NIKON ED82 + COOLPIX E7900 ISO-50 F2.8 SS1/6.7秒 中央重点測光 EV-1.0 WB曇天 640×480pixcel


それもそのハズ。雄が現れる2分前にこんな大きなお魚を自力でゲットしてやっとの思いで呑み込んだ直後だったのです。
DSCN2717_S.jpg


お魚が大きすぎて喉につかえたのでしょうか?サカナの尾が喉から見えなくなるまでの間、羽をパタパタする不思議なダンスを踊っていました。
DSCN2726_S.jpg


雄登場22秒前です。下腹がプックラと膨らんでいます。これじゃあせっかくのプレゼントを食べたくても食べられませんねぇ(^_^;)
DSCN2739_S.jpg

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 BIRDGRAPHIC, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。