ヤマセミとヤマセミの棲む渓谷の四季をお届けしています(現在、本格的な撮影活動は休止中です)。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今朝は早朝から、日中のうだるような暑さを予感させる気温でした。
そんな気温をものともせず?久しぶりのお日様で日光浴を楽しんでいるかのようでした。
暑くないの~!?

NIKON ED82 + COOLPIX E7900 ISO50 f5.2 SS1/322 EV-1.0 中央重点測光 WB太陽光
DSCN5056_S.jpg

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真




ふと思ったのですが、
これってやっぱり前ピンですよね?
被写界深度の関係でこんなもんなのか???ですが、
こういう手前にボワワーンとした物がある条件下では合焦後再度ピンを
微妙に奥目?にした方がいいかなと思いました。
ぼくのも前ピンが多くてやっぱりAFが前の木とか枝とか拾っちゃうんです
よね・・・ 広角側ならなおさらこの傾向ですよね・・・
AF枠ってもっと小さい方がいいような気がするんですけど・・・
望遠側で合わせて引いてきてもピンが狂ってることが多いし・・・

あっ!しまった・・・(ToT) S80にはマニュアルフォーカスがあるんだっ
た・・・(涙) すっかりわすれんぼう・・・ これけっこう使えるんですよ
ね!

自己解決自己完結(大笑)


【2006/07/16 22:39】 URL | マグパイロビン #P0vgGwAM[ 編集]
どうも!
そうですね。その辺は抜かりなくピントずらしは行っていて顔にピントがき
ている画もありましたがタイトルのテーマの通り、綺麗な羽をアピールし
たかったのでこの画を選定しました。
E7900ではモニタでのピント確認は難しいですが、Z850ではピントを
合わせたい任意の位置(この画の場合、羽とか、顔とか)に十字カーソル
をもっていくとソコでAFが作動するので、被写体が近くて全身にピントが
合わない場合や、引きの画で意図的に被写体を中央からずらす時重宝
します。
私はMF機能でカメラで修正するよりはスコープのフォーカスリングで修
正してしまいます。
【2006/07/17 00:08】 URL | かい #B/6VgDws[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 BIRDGRAPHIC, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。