ヤマセミとヤマセミの棲む渓谷の四季をお届けしています(現在、本格的な撮影活動は休止中です)。

通勤途中、クルマをとめて眼下の渓谷にヤマセミを探しつつ10分ほど歩くと湖のフィールドに到着します。
今の時期は続々とオシドリが集まり、冬鳥のジョウビタキやベニマシコ、カヤクグリ、通年見られるカワウやカワセミ、カラ類、猛禽類、そしてヤマセミなどなどでとっても賑やかになります。最近はカケスやアカゲラもちょくちょく顔を出します。今回のイソヒヨドリもそんな湖をとりまく仲間たちの一種です。
名前から海の鳥をイメージしますが、岩や崖のあるところであれば数はさほど多くありませんがこの湖のように内陸でも見ることができます。
そういえば、夏には近所の某Iヨーカドーの立体駐車場に住み着いてキレイな声でさえずっていたのを思い出しました。

イソヒヨドリ磯鵯 スズメ目ツグミ科 Blue Rock Thrush L23cm
DSCN6446_S.jpg
NIKON ED82 + COOLPIX E7900 ISO-50 F3.5 SS1/8.2秒 中央重点測光 EV-1.3 WB曇天 640×480pixcel



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 BIRDGRAPHIC, All rights reserved.