ヤマセミとヤマセミの棲む渓谷の四季をお届けしています(現在、本格的な撮影活動は休止中です)。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の東京地方はとても良い天気でしたが、働いてきましたっ!
しかもディープな残業付き(^_^;)

在庫から羽繕い中のカワセミです。
羽の動きを止めるためにはもう少しシャッタースピードを上げなければなりません。
僕の使用しているE7900はマニュアルモードやシャッタースピード優先モードなどが無く、シャッタースピードを任意に設定出来ませんのでシャッタースピードを上げるためには以下のいずれかの処置が必要です。「⇔」マークの後はその処置に伴うデメリットを記載しましたのでご参考まで。
①ISO感度を上げる(ISO50→100or200にする)。⇔ブツブツと粒子状のノイズが増えて画が粗くなる。
②露出補正をマイナス側に振る。⇔画が暗くなる。
③ズームをワイド端で撮影する。⇔被写体が小さくなる。
④もう少し明るくなるまで待つ(笑)。⇔早く帰宅しないと怒られる(笑)。
まっ、達人の皆様はこのブレを利用してスピード感や躍動感を表現される訳ですが・・・まだまだ、修行が必要です(^^ゞ

画はクリックするとシャキッとした1024pixcelの大画像になります。
お時間あればお試し下さいませm(__)m

カワセミ(翡翠)若 ブッポウソウ目カワセミ科 Common Kingfisher L17cm
DSCN4808_s.jpg
NIKON ED82 + COOLPIX E7900 ISO-50 F2.8 SS1/21.3秒 中央重点測光 EV-1.3 WB曇天 1024×768pixcel


ブログランキングにチェレンジしています。
↓写真がマァマァかな!と思ったら一日一回、応援がてらプチプチッと両方クリック頂けましたら幸いですm(__)m↓
b_01.gif

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 BIRDGRAPHIC, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。