ヤマセミとヤマセミの棲む渓谷の四季をお届けしています(現在、本格的な撮影活動は休止中です)。

Selected category
All entries of this category were displayed below.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラツグミ 虎鶫 スズメ目ツグミ科 Scaly Thrush L29.5cm
DSCN0074_S.jpg
NIKON Coolpix E7900 + 38XWFA + NIKON ED82
1/120sec、F2.8、ISO50、WBオート、EV-0.7、Pオート、1024×768pixcel(クリックすると大きくなります)


猛烈な北風が吹き荒れた週末、憧れのトラツグミを初見初撮りできました(^o^)丿
「デ、デカイかも」・・・初めて見たトラツグミは想像よりも大きくてちょっとビックリしました。
足を小刻みに振動させては土中の虫たちを捕らえています。
当初はかなり距離があったのですが、直感的に三脚の脚を一番短くし、フカフカの落ち葉の上に膝をついて正座して観察していると・・・どんどんこちらに近づいてきました(^^)
途中、大砲レンズを担いだ一眼レフの方が何名も通過しましたがトラツグミにも私にも気がつかずに素通りしてしまいました。自然とひとつとなる・・・トラツグミとの特別なとっておきの時間を共有できた気分でちょっぴりシアワセなひと時を過ごせました。
しかし、このトラツグミ、関西系?のひょうきんな模様とは裏腹に、少し悲しげな曰くがあります。別名鵺(ヌエ)と呼ばれ夜半から早朝にかけて鳴くいその悲しげな泣き声から、動物のサルの顔、タヌキの胴体、トラの手足を持つ伝説上の動物の鵺の鳴き声とされてきました。
子供の頃に読んであまりの恐ろしさに強烈なインパクトを受けた横溝正史著の小説のイメージが付きまとい少し悲しい気分になってしまいます。。。未明からのヤマセミスタンバイ時にこの鵺(ヌエ)声をよく耳にします。もちろんトラツグミにはなんの罪もないんですけどね(^^)

明日も見たいっ!と、思ったら是非是非クリックをお願いします!m(__)m
人気blogランキング
b_01.gifFC2ブログランキング
↑上のふたつのブログランキングに挑戦しています。上の四角をクリックすると10ポイント加算されて順位があがります。
順位を励みにがんばっておりますので写真がマァマァかな!と思ったら是非是非応援がてらクリックをお願いいたしますm(__)m
得点は毎日集計されるので一日一回クリックして頂けると幸いです。
スポンサーサイト

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 BIRDGRAPHIC, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。